日比野日誌

すしの雑学

バックナンバーはこちら

 まずは生臭い話から。時は奈良時代に入ったばかりの頃です。

 藤原不比等という男が政治に中心におりました。養老律令を編纂した人ですね。
その娘を嫁にもらったのが、皇族の長屋王でありました。
彼の父親は、あの壬申の乱で勝利を納めた天武天皇。
時の天皇(元正天皇)の叔父に当たる人で、元正帝の信頼も厚いものでした。
もちろんその陰には、妻のおやじさん、つまり藤原不比等の力もあったでしょうが。

?

 そのうち、藤原不比等は亡くなります。
その息子たちはみな若かったものですから、長屋王のところに仕事がいっぱいまわってくる、
つまり、長屋王は政治の表舞台に立つようになってきたのです。そして、天皇は元正帝から聖武帝に代わります。

 相応な年齢になっていた藤原不比等の息子たちは、あわて始めました。
「せっかくおやじが天皇家から奪い取った政権の座なのに、また皇族(長屋王)に取られてしまう」

 そんな時、聖武天皇が子どもを授かりました。
妻は、藤原の一族・藤原光明子でありましたから、藤原一族はにわかに活気づきます。
が、その子は早々と亡くなってしまいます。

?

 悲嘆に打ちひしがれている聖武天皇に、藤原氏は耳打ちします。
「王子様が亡くなったのは、長屋王がよくない考えを持っているからですよ」

 こうして長屋王は兵士に囲まれ、遂には自害をしてしまいました。

?

 まぁ、はっきりいって藤原氏が仕組んだ陰謀説なのですが、これが世にいう「長屋王の変」。
はめられた長屋王は、ずいぶん誤解されてる面もあったのですが、最近の調査ではいい人だったそうですよ。

?

 で、長い間わからなかった長屋王の邸宅跡が、奈良市二条大路で見つかりました。
1986年からは発掘調査が行われ、4万点もの木簡が出土しました。そこには、すしの文字が刻まれているものがあったのです。

 筑前からフナずし、阿波からアユずし。タイずしも見えますよ。いろいろなものが全国から集まっているんですねぇ。

?

 長屋王が藤原氏の陰謀に巻き込まれなければ…。たくさんの文献に彼の名前が出ることになって、彼の豊かな食卓の様子が明らかになったかも知れませんよ。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載