日比野日誌

すしの雑学

バックナンバーはこちら

俳優としてエッセイストとして、一も二もない有名人です。
芸能研究、特に民衆芸能や大道芸を語らせたら、右に出るものはいません。
俳人でもありまして、俳号は「小沢変哲」。
その名からもわかるように生き様は豪放磊落でしたが、残念ながら今、彼はこの世にいません。
昨年末に83歳の生涯を終えました。
「変人」であることを自称し、他称され、謳歌しながら、その実、人間的でとても優しい人でもありました。

生粋の江戸っ子だった彼は、握りずしが大好きな人でした。
小さい頃、親父さんからすしを食わせてやると言われて、着いたところが蒲田駅前の屋台のすし屋。
当時の蒲田は、場末ながら活気があったところです。
人ごみの中で、親子2人が黙々とすしを食べる屋台。今となっては貴重な光景です。

彼は言います。「『うちはネタがとびきり新鮮だ』なんて自慢する店は多いけれど、
猫じゃねぇんだから、活きのいい魚をペロペロ食べればうまいってもんじゃない。
人間の知恵でどう美味しくするかってのが料理の勝負どころだと思いますけどね。横着になったもんです。
それに、やたらにでかいネタを乗せりゃいいってもんじゃありません。むしろ薄い方がよろしい」。
どこかの寿司屋さんは、耳が痛いんじゃありませんか。
「すし屋だけではありませんよ。芸能界も、ナマモノ全盛になった。
手間暇のかかる修行、芸人の磨きあげた腕前など、あまり問題にされなくなってるんです」。
耳が痛いのはすし屋だけではないようで…。

いつか書きましたよね。すし屋ですしを注文すると、たいてい2カンずつ出てきます。
これに対して売れ始めたの頃の小沢昭一は、行きつけのすし屋でこう言いました。
「今日は一個一個大会にしてくれないか」。
それを聞いた主人は「そうか、なにも2カンずつ出さなくてもいいんだ」と気がついたという話です。
ちなみにそのすし屋は、現在でもちゃんと下仕事をしてあるタネを店で、東京は浅草で営業してますよ。

最後に意外な話をひとつ。この人、すし屋のカウンターには似つかわしくなく、根っから酒が呑めなかったのだそうです。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載