日比野日誌

全国の郷土ずし紹介

バックナンバーはこちら

 林芙美子の出世作『放浪記』。

 芙美子は、生まれは下関で、明治37年5月5日生まれ、などと書いていましたが、誕生は門司市(現・北九州市門司区)と発表されました。ただし実父が認知しなかったので、出生届は母の実家の鹿児島に明治36年12月31日誕生として翌1月に出されています。「林」というのは母方の姓なんですね。

 小学校は長崎、佐世保、下関と移り変わり、一応は下関で落ち着きはしますが、それもつかの間。養父の職業が倒産し、いったんは本籍地・鹿児島に預けられます。が、旅商いをしていた養父らについて山陰各地を点々とし、最後に広島県尾道市の小学校を卒業します。大正6年のことでした。

 その後は尾道で女学校生活を楽しみます。彼女の文才がすくすくと育ちます。そして卒業後は上京。好きな人がいたんですね。でも、その恋はあっけなく終わります。彼女は親の分まで働きました。才能ある文学の世界だけではなく、事務員から女工、果ては下足番までやってのけますが、そこに起きたのが関東大震災。また尾道にもどります…。

 まぁ、なんて落ち着かない人生、と思われるかもしれませんが、まさに芙美子の身は「放浪」の身。そして、破談、震災など身の回りのことを日記にしたため始めました。これが『放浪記』の原型になっています。

 昭和3〜4年、「女人芸術」に「放浪記」を連載。昭和5年には『放浪記』が出版されました。これが売れた、売れた。芙美子は人気作家としての地位を築きました。

 「林さん、書留ですよっ!」 (中略) 金二十三円也! 童話の原稿料だった。当分ひもじいめをしないでもすむ。 (中略) 晩はおいしい寿司でもたべましょう。『放浪記』より。

 すしは、当時からご馳走だったんですね。

 『幸福の彼方』という作品もありました。戦地から戻ってきた信一と見合いする絹子。そのお見合いの席には「すし」の盛り合わせが置いてあり、絹子は信一のために小皿にすしを取ってやるのです。

 ずいぶんと具体的な表記です。ひょっとすると自分の経験を書いた、んですかね。ちなみに芙美子は「放浪記」の連載を始める2年前に、画学生と内縁の結婚をしてたんです。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載