日比野日誌

すしの雑学

バックナンバーはこちら

? 知る人こそ知る、俳諧連歌の大お師匠さんです。戦国時代に活躍しました。
若い頃は足利義尚に仕えていましたが、その後、出家しました。「宗鑑」はそれからの名前なんですね。

 淀川べりの山崎に住みましたから「山崎」。
山崎とは苗字ではなかったんでして、本名は「志那範重」と言いました(ただし、別説あり)。?

 俳諧連歌というのは複数の人が詠む短歌でありまして、ある人が五七五を詠みますとほかの人が七七を続ける。
そうするとまた別の人が、その七七に関する五七五を詠む…、という具合に続けてゆきます。

 二人でやりとりする短連歌は平安時代には完成されていましたが、もっと大規模な人数で行う長連歌は、平安末期から鎌倉期にかけて生まれてきます。
ただ、相当にややこしいルールやマナーがあったのも事実です。?

 そこで正当な連歌から分かれて、より多くの人が、あまり小難しいことを言わずに楽しみましょう、と出てきたのが俳諧連歌です。
娯楽性が高かったんですね。多くの賛同者が集まりました。

 俳諧連歌は江戸時代に入って大成するものですが、その基礎になるのが、この人・山崎宗鑑でありました。

?

 で、おすしの話ですが、実はこの時期の俳諧史料には、すしは滅多に出てこないのです。

けれども、山崎宗鑑が撰した『犬筑波集』の中に、その珍しい例があります。?

 「喰わぬ飯こそ 髭につきけれ    すし桶の ふたを開ければ なまずにて」

 現代語訳しますと、
「飯を食っていないのに、髭に飯がついているよ(食っていないのに濡れ衣を着せられたよ)」
「そりゃぁそうさ。ここにナマズを漬けた桶があるもの、飯粒くらいつくさ」といったところ。
「食わぬ飯が髭につく」というのは「濡れ衣を着せる」という意味なのです。

? この時代のすしはナマナレでありました。ご飯は粒状になっていますが、べたべたしていたのです。そりゃぁ、髭にもつきます。

 なお、ふたを開けたらナマズのすし、ですか…。ちょっと手が出ないかも…。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載