日比野日誌

すしの雑学

バックナンバーはこちら

 先月の織田信長についで、今月は豊臣秀吉です。この人もまた、すしに縁のある人ですね。

 秀吉が朝鮮出兵で兵を進軍させていた頃、陣中見舞として贈られたのがフナずし。

これに喜んだ秀吉は、持ってきた使者2人に、陣中で能楽の舞いを見せたと伝えられています。

 また、別の機会にも、彼はフナずしを贈られています。送り主は近江国長浜の「惣中」、すなわち町衆の連中でした。

常に、手厚い志に深い感謝の念を表した秀吉です。

 それにしても、驚くべきは、贈られたフナずしの数でしょう。「鮒鮓一折」と書いてあります。

 「一折」…。せいぜい3尾、多くても5尾くらいでしょう。これでは少ないと感ずるのは、私だけでしょうか。

 でも秀吉は、ちゃんと礼状を書いています。よっぽどうれしかったんでしょうが、偉いなぁ…。

 秀吉の頃は、すしといえば発酵させるものしかありませんでした。

 俗にいわれる「節分の時に巻きずしをかぶりつく『恵方巻き』の習慣は、

秀吉の家来・堀尾吉晴が、節分の前日に海苔巻きを食べて出陣し、戦いに大勝利を収めた、

という故事を元にしている」という説も、どうもマユツバのような気がします。

? さて大阪府堺市では昔、4世紀末の応神天皇の頃から酢が造られていました。

その地元の名を取って「和泉酢」と呼ばれていたわけですが、秀吉の時代、製酢業者が堺から大阪へ移り、

その頃から「玉迺井」の商標が用いられるようになったわけです。

 「玉迺井」。わかりますか。「タマノイ」。

あの「すしのこ」で有名なメーカー「タマノ井」は、実は非常に古くからある名前なんですね。

ちなみに、「すしのこ」メーカーの「タマノ井」は1907(明治40)年の創設です。

? おまけのような話ですが、現在、すし切り包丁で有名なのは高知県です。

 なぜこの地に刃物産業が根づいたかというと、今から400年ほど前。

時の領主は長宗我部元親でありました。彼が戦地から、刀鍛冶を連れ帰ったことが発端だったといいます、

 戦地とは?

 秀吉に招かれて参戦した「北条攻め」。今の神奈川県小田原市でありました。

日比野日誌

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載