日比野日誌

すしの雑学

バックナンバーはこちら

三条朝成。

誰、それ?

?平安中期に活躍した政治家で、醍醐天皇の親戚筋に当たる人です。
藤原北家の一員で、そこそこ順調に出世街道を歩むのですが、
北家自体あまり主流ではなく、まぁ、そこそこ苦労して生き延びたようです。
あ、そうそう、笙の名人であったとも伝えられます。

 位は「従三位・中納言」までもらい、世に「三条中納言」として知られました。
「従三位」ですから、いわゆる「上流貴族」の部類に入ります。?

 彼とすしとの関係は、説話文学の極地といわれる『今昔物語集』に載っています。

 太りすぎで悩んでいた三条中納言は、医師の和気重秀に相談をしました。
「ワシは太り過ぎじゃ。痩せようと思うのだが、何かよい知恵はないか?」

 ダイエットの基本は、体重を減らすには食べる量を減らすこと、です。
重秀は、「夏は水漬け、冬は湯漬けにして食べるとよろしい」と答えます。
水や湯でお腹を満たせば、自然、食べるご飯も減ります。

 ですがしばらくして、「ちーっとも効果が現れんぞ。どうなっとるんじゃぁ!」
とのクレームが中納言より入ります。そこで、重秀が中納言の食事風景を見てみると…。

 ご飯に水をかけて2〜3杯。
さらにおかずとして、干し瓜を10切れ、アユずしを30尾、まとめてバクバク。

 あっけにとられた重秀は、「それだけ食べたら、やせるのは無理でしょう」と、見放してしまいました。
以後の中納言は、相撲取りみたいな身体になってしまいましたとさ。?

 平安中期のすしといえば、フナかアユでした。
もちろん、酢など使ったわけでなく、発酵によって酸味を出した発酵ずしでした。

 加えて、ご飯は食べない、魚の料理でした。
だからこそ三条中納言は、水かけご飯の「おかず」としてアユずしを食べたのです。
ま、30尾というのは食べ過ぎですけれどもね。

 三条朝成は、58歳で亡くなっています。彼が中納言になったのは亡くなる3年前。ということは、55歳のことです。

 年老いてからの大食いには、お気をつけください。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載