日比野日誌

すしの歴史・文化

バックナンバーはこちら

時代は昭和になりまして、すしもゆっくりとした成熟期に入ってきます。
握りずしは、時代の進歩とともに握る材料が豊富になりますし、
冷蔵庫の出現で、いわゆる「下仕事」をしていない、
ナマの魚が握られるようになってくるのです。
そのほかのすしも、使う具材が洗練されて、ますますおいしくなってゆきました。

さぁ、これからもっとすしの味を鍛練するぞ、って時に、世の中は戦争へ。
はじめは勢いづいていた日本ですが、
そのうち、次第に暗雲がたれ込めてゆきます。

こうなると、材料を洗練して腕を上げる、どころか、充分な材料も入ってこない。
挙げ句には、毎日の食べるものさえ、手に入らなくなります。
すしは、もちろんぜいたく品として、作ることも食べることもできないものでした。

そんな時代の、婦人雑誌の付録です。
米の代用にオカラを使った「オカラずし」が出ています。
中身はよくわかりませんが、ここまでして、すしが食べたかったんでしょう。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載