日比野日誌

すしの歴史・文化

バックナンバーはこちら

中国では、すしは東南アジアから来た「外来の食べ物」でした。

「世に中国人ほど優れた民族はいない。食物も同じで、よその国々の食べ物なんて取るに足りない!」とでも言いたかったのでしょうか。中国漢民族の間では、 すしという食べ物を、たいして重要なものとは見ていなかったのです。当然、中国の中心部では、見向きもされなかったようです。
文字の国・中国で、辞書を執筆しようという人は、相当な学者のはずです。その学者ですら、すしに関しては耳学問。実物を食べて調理法を述べる、ということ はしませんでした。鮨がシオカラで、鮓がシオカラに米を混ぜたヤツ、といった区別などできるわけもなく、遂に3世紀の末、張揖というオッサン、もとい、偉 大なる文字学者が、自著『廣雅』の中で、「鮨は鮓なり」と書いちゃいました。以来、鮨と鮓には明確な区別がなくなったと言われています。
で、区別のつかないまま文字が日本に輸入され、現在に至っているというわけです。だからわが国では、鮨も鮓も「すし」なんですね。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載