日比野日誌

すしの雑学

バックナンバーはこちら

すし屋の屋号編、オマケ版。『義経千本桜』のお話です。これの舞台になるのは奈良の吉野のすし屋で、その名も「釣瓶ずし」。なんとこの「釣瓶ずし」、奈良 県吉野町に実在しているのです。「自分は維盛から数えて何代目」と自慢するご主人ですが、それはウソでしょう。なにせ維盛のお話は平安時代のことで、なお さら、「お話の世界」なのですからね。それでも邸内には、芝居で出てくる敵役「いがみの権太」の墓までできているのです。あ、そうそう。すし屋の屋号に 「権太」とつくのが多いのも、ここからなんですよ。

実際の「釣瓶ずし」は、江戸時代、仙洞御所(上皇の住む場所)へアユずしを納めていたといいます。アユずしといっても酢を使うものでなく、発酵によっ て酸味を出すものでしたが、今は、昔ながらのアユずしの製造は辞めていまして、酢を使うアユの姿ずしになりました。釣瓶にも似た桶も、今は使わず、明治時 代のものが残っているだけです。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載