日比野日誌

すしの雑学

バックナンバーはこちら

今度は、屋号編、「弥助ずし」編、です。弥助。読めますか。「やすけ」。これは、人の名前です。『義経千本桜』という芝居の中に出てきます。それではこの話について、お話ししましょうか。
この本が生まれたのは、江戸時代の半ば。延享年間のことでした。当代きっての戯作者、今でいうシナリオライターであった竹田出雲(2代目)が、他の2人 と組んで作ったものでした。人形浄瑠璃で初演され、次に歌舞伎でも演じられて大好評を博した義太夫節で、現在でも盛んに上演される名作です。
ドラマは、平安末期の源平期が舞台。「弥助」というのは、吉野の山奥にあるすし屋で働く作男の名。しかし、それは世を忍ぶ仮の姿で、実は、源氏の追っ手 から逃れて落ち延びている平家の雄・平維盛でありました。どうせお話の中だけの世界のこと、ではおさまりません。「弥助」というのはすし屋の元祖みたいな 意味を持たされて、屋号に使われることが多くなったのです。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載