日比野日誌

すしの雑学

バックナンバーはこちら

屋号編、「ミサゴずし」編、です。
ミサゴとはタカ目ミサゴ科(タカ科とする人もいる)の鳥で、別名「海ワシ」。低空飛行で魚を探し、水中に飛び込んで魚を取る勇ましい鳥です。
このミサゴ、捕獲した魚を岩場の穴に貯蔵し、漁が出来ない際に食べる、という習性が紹介され、さらに、その貯蔵された魚が自然発酵して「すし」ができ た、と言われるようになりました。江戸時代、この話はおもしろいというので、松浦静山の『甲子夜話』や滝沢馬琴の『椿説弓張月』など、いろいろな本に書か れています。料理本でも『名飯部類』の中で、実際に食べた感想が述べられています。
てんで、ミサゴなる鳥が、日本で一番最初にすしを食べた。だから「ミサゴすし」にしました、というわけ。でも、バリバリの肉食のミサゴがどうがんばっても、デンプン質の米の中で発酵なんか、させられませんけどねぇ…。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載