日比野日誌

すしの雑学

バックナンバーはこちら

シャリの話

「シャリ」とはサンスクリット語で「遺骨」のことを言います。特に、聖者の遺骨を指す場合が多く、「仏陀の遺骨」という意味になります。仏舎利(ぶっしゃり)とも言いまして、奈良時代以前から使われてることばです。
形が仏舎利に似ているところから「シャリ」と呼ばれるもの。それが白米、転じて、白飯で、この例えは室町の頃には使われています。人によっては、米の白 さが仏様ののど仏の骨に似ている、とか、お米が高価すぎてなかなか食べられなかった時代、米のことを貴重な仏様の骨に例えて「シャリ」と言った、などと言 う人もいます。
さらにすし屋さんの世界では、ご飯に合わせ酢をうった「すしご飯」の意味になりました。この比喩は、いつ頃から始まったのでしょう。すしに酢を使うのが 一般的になった江戸中期以降のことでしょうが、文献には出てきません。明治時代か、あるいはもっと新しいことばかもしれませんね。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載