日比野日誌

すしの雑学

バックナンバーはこちら

すし屋とお酒

「何? 酒? よしとくれ! どうしても飲みたいんだったら、そば屋へ行ってくんなっ!」 こうやって怒る職人も少なくなりましたけれども、こうやって怒られるくらいなんだから、すし屋で酒を飲むことは「いけないこと」だと思われてる人も多いでしょうねぇ。
ところが、嘉永7年(1854)刊の『難波職人歌合』の中にあるすし屋は、看板に「酒 肴 切すし」とあります。どうです? 今から150年前のすし屋 は、店で酒を売っていたのです。ただこれは、切りずしですね。握りずしではどうかというと、「見立源氏 はなの宴」(幕末頃)に、すし桶を前にしてお酒を 酌み交わしている男女が描かれています。もっとも、こちらは屋外で食べる「出前モノ」のようですが…。
すし屋のカウンターで食べる場合は、昭和初期の頃ですね。その頃は、飲みたい人は飲む、飲みたくない人は飲まない。どっちだっていいのです。少なくとも、すし屋さんにとやかく言われるものではなかったのです。
でも、すしをつまむことなく、お酒ばかり飲んでる人。そういう人は居酒屋の方がよいかも。。。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載