日比野日誌

すしとあの人

バックナンバーはこちら

ご存知、「五千円札の人」です。お札の肖像画に年配の男性が多いのは、顔にシワやヒゲがあって、偽造しにくいから、なんだそうで、女性としては神功皇后以来、123年ぶりのことでありました。

-

樋口一葉は東京の生まれ。父親は学問好きな人で、不動産の売買で生計を立てておりました。一葉も恵まれた少女時代を送っており、学校を主席で卒業するなど、才媛ぶりを発揮していました。

-

ところが父の事業が失敗し、また、頼りだった兄は亡くなります。やがて父もこの世を去りますと、たちまち一家は没落。家計の主となった一葉は、この時、わずか17歳でした。

-

21歳の頃には生活苦打開のため、下谷に移り住みます。すぐ近くには、あの「吉原」があるところ。そこで駄菓子屋を始めますが、若い娘、しかも、学校では成績がトップクラスであった人間からすれば、なんと風紀が悪かったことでしょう。でもこの時の経験が、のちの「たけくらべ」の題材となったのです。

-

翌年、一葉は店を閉め転居。やがて「大つごもり」を上梓し、以後、「たけくらべ」「うつせみ」「にごりえ」などを発表します。この時期が「奇跡の14ヶ月」と呼ばれるもので、一葉の家は毎晩、同好の士が集まる、まるで文学サロンのようなものでした。一葉は、かいがいしく、すしやうなぎを出前にとって、もてなしています。

-

「たけくらべ」は、少し勝気な娘で廓住まいの美登利と、僧侶の息子で、真面目で内向的な信如との淡い恋物語を、吉原を中心とした東京の子どもたちの生活とともに、みごとに描き出した名作です。

-

中にこんなシーンがあります。美登利は同級生に草履を投げつけられ、翌朝、学校へ行くのも渋りがち。朝ごはんさえ食べずにいますと、母が「それなら後で『やすけ』でもあつらえようか」と心配顔をしています。

-

この「やすけ」が「すし」なのです。もともと「弥助」とは歌舞伎「義経千本桜」の主人公・平維盛のことで、彼がすし屋で働いていた頃の名前からきたものでした。もちろん、「義経千本桜」の時代には、「すし」といえば酢を使わずに発酵させたものでしたが、一葉の描く「やすけ」は違ったでしょう。娘の具合を案じてあつらえさせるのですから、海苔巻きずしか何かだったと推察します。

-

こんな一葉も、享年、25歳。若くして亡くなりました。天才は薄命でした。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
SHOP 求人情報
静岡産直野菜 八百屋入船 契約農家さん募集