日比野日誌

全国の郷土ずし紹介

バックナンバーはこちら

「春告魚」と書いて「ニシン」と呼びます。これはニシンが「春が来たことを告げる魚」、つまり初春がたくさん取れる時期だからです。

-

寒い海が故郷のニシンの産卵期は、北海道石狩地方では1月末から5月、サハリンからオホーツクでは3月から6月ころだといわれます。その直前が旬ですから、「春告魚」と呼ばれるわけですねぇ。ですが、もうひとつの旬があるのをご存知ですか?

-

腹に子どもをはらんだニシンも美味しいですが、それよりも早く、産卵を前にしてたっぷり脂の乗ったニシンも、これまた美味しいものです。

-

いや、ニシン自体の味だったら、むしろ10月から11月のニシンの方に軍配が上がるかもわかりません。北海道では、特に太平洋沿岸部では、内地ではお目にかからない、活き活きとしたニシンがすしダネとして使われるのです。写真に撮ったのは根室市内の回転ずし屋。地元ではこんなにもポピュラーなんです。

-

さて味の方ですが、一般にニシンの評判は「臭い」「水っぽい」と、あまり高くない。でも、旬の時期の、活きのいいニシンだったら、独特の臭みもなく、脂がしっかり乗ってます。塩焼きも絶品ですし、もちろん、新鮮なものなら刺身やすしダネにも最適です。

-

春が来る前のニシンを食べに、北海道道東地方に行ってみたくなりますねぇ。

1

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
SHOP 求人情報
静岡産直野菜 八百屋入船 契約農家さん募集