日比野日誌

全国の郷土ずし紹介

バックナンバーはこちら

今月の旬のすしは、東京都下の島しょ部に伝わる「島ずし」です。

-

とくにこの時期は、タネとなるトビウオが出始める頃で…。

と書いてたら「東京の島ずしって、ずっと前に出てきたよ」っていわれました。

-

はい、そのとおりです。でも今月の島ずしは、取材場所がすごい。

-

東京都小笠原村硫黄島。大東亜戦争まっただ中の昭和19年(1944)、島民のほぼ全員が強制疎開し、以後、今日に至るまで、帰島はできていません。

-

今回の島ずしを作ってくれたのは、小学生まで島に暮らしていた方で、「作り方は、ちゃんと聞いたものじゃないのよ」とのことです。

-

小さいながらも「トビウオのすしは美味だった!」との感想は、今でも持っているそうで、それに合わせてトビウオを買って、持っていったら、「あら、ハネトビかぁ。ホントビの方がよかったんだけどねぇ」。

-

ハネトビはホントビより小ぶりだということです。

-

それでもご飯を握って、カラシも塗って、醤油ヅケにしたトビウオを乗せて、立派な島ずしの出来上がり。

-

手違いで、ご飯に塩は混ざっておらず、あわせたのは酢と砂糖だけ。それでもかまわず食べてしまうのだから、硫黄島の島ずしは、かなり甘かったのでしょう。

-

しっかり味がついてるはずなのに、なぜかしょうゆのつけ皿があります。

-

聞けば「なぜでしょう」との返事。私に聞かれるまでは、みんな不思議がらずに、使っていたそうです。

sushi06

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
SHOP 求人情報
静岡産直野菜 八百屋入船 契約農家さん募集