日比野日誌

すしとあの人

バックナンバーはこちら

-

-

戦前は大元帥。

というか、神様でした。

お顔もお声も、恐れ多くもかしこくも、わたしのような庶民には雲の上の存在でした。

-

-

ですが戦後は人間宣言をして、すべての人に、真摯に対応されました。

彼が神様ではなく、一人の人間として素晴らしい人柄だと、

大多数の人気を得ることにもなりました。

-

-

さて、昭和天皇の行幸中のメニューは、

いわば毎日が一流ホテルでの暮らしですから、さぞやすごい!と思いきや、案外質素だったそうです。

昼食にカレーライスを所望されたことは有名です。

作り置きができて準備も簡単だからでしょうが、陛下がカレー好きということもあったでしょうね。

-

-

対して、日常の食生活は、あまり歴史には上っていません。

-

前回、ここのコーナーでお知らせした秋山徳三のような「天皇の料理人」たちが、

やはりあまり豪勢でなかった天皇家の食卓について語っているにすぎません。

魚は、マグロよりもサンマやイワシなど大衆魚がお好きだったようですね。

-

-

陛下がおすしを食べたいと思ったらどうするか。

-

だいたい陛下は、日常、「あれが食べたい、これは嫌だ」などの文句はほとんど出さなかったようですが、

「天皇の料理人」をすし職人のところへ修行にやって、彼が陛下にすしを握る、というのが本来でした。

が、ときには本職が呼ばれることがあって、陛下の目前で握って差し上げたのだそうです。

-

-

銀座すし栄(閉店してしまいました)の倉田華太郎氏も、

昭和36年と38年の園遊会で、陛下にすしを握りました。

-

ウニをつまんだ陛下は「このウニはどこの?」とご下問されました。

裏方は予期しない質問であわてましたが、なんとか「北海道でございます」と返答したのだそうです。

「ああ、そう。北海道なら赤ウニだね」と陛下。

-

-

さすが、生物学者の昭和天皇らしいエピソードです。

-

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載