日比野日誌

すしとあの人

バックナンバーはこちら

-

誰でも知ってる、昭和の歌姫。

というか、大女王ですね。

-

-

昭和21年(1946)、9歳で初舞台を踏み、

昭和24年(1949)でレコードを発売するや、人気は大爆発。

映画デビューは歌手デビューより早く、そのため「天才子役」の名をほしいままにしました。

後の活躍は、何の解説もいらないほどでしょう。

-

-

この人の昭和34年(1959)の東映作品に「東京べらんめえ娘」というのがあります。

のちの「べらんめえシリーズ」の先駆けになった、といいますが、

すみません。私は知りませんでした。

-

何でも「男まさりの江戸っ子寿司屋「寿司正」の看板娘ひばりちゃんは、

喧嘩にゃ強いが情にゃ弱い。

初めて知った恋の味に笑と涙が入りまじり、唄にのせて展開する恋愛合戦」だそうです。

-

-

この映画の主題歌が「江戸ッ子寿司」なんですね。

-

-

すしといえば、昭和30年(1955)、この人、

踊り・花柳流の名取も持っていて、名前を花柳美之(みゆき)といいます。

-

それからとったんだと思いますけどねぇ、

昭和31年(1956)、横浜に「美之寿司」を開店します。

のちにこの店で修行することになるのが、鶴田理一郎氏。

-

ひばりからは「ご飯の上に魚を乗せれば寿司だよね?

ならばご飯の上に“命”を乗せなよ。そうすれば一流になれるよ」

-

「うちで修業したら将来は大きなお城のようなお店を持ってね」などの言葉を受け、

-

本当に城のような「美奈登鮨」を作り上げた人。

「店の名前は、美空さんの一字をもらったんです」。

-

-

今、ネットで「美空ひばり 寿司」を引くと、

横浜・磯子にあるひばりの銅像の前にあるすし屋さんが出てきますが、

この店はひばりさんがあまり売れていない頃に行った店で、

売れた後は、京都・祇園の「蛇の目寿司」と東京・銀座の「すきやばし次郎」だそう。

-

エビの踊りと中トロが好物とのこと。

「蛇の目寿司」では車海老と卵をすし折「杉折」にして持ち帰りました。

-

30年近く前の値で、金3万円也。

-

-

やっぱり、昭和を代表する歌手はすごいです。

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載