日比野日誌

すしとあの人

バックナンバーはこちら

-

昭和を語る大阪の作家といえば、まず挙がる人です。それだけ大阪に密着していたんですね。

だれもが挙げる代表作は、昭和15年の「夫婦善哉」。

大阪の人なら、いえ、大阪以外の人でも、

「夫婦善哉」が法善寺横町にあるぜんざいの店だってこと、知ってますよね。

小さなお椀によそわれたのが2つ。だから「夫婦」なんです。

-

この小説。タイトルからしてそうですが、とにかく食べ物屋さんがたくさん出てきます。

たとえば、主人公・柳吉は、多少吃音症ですが、

「自由軒のラ、ラ、ライスカレーはご飯にあんじょうま、ま、ま、まむしてあるよって、うまい」

なんていうくだりがあります。

-

自由軒は難波に店を構える、もともと西洋料理の名店です。

しかし独特なカレーが庶民にとっては有名で、織田、いやオダサクも通い詰めておりました。

今行っても、実に気さくな店ですよ。

-

「…日本橋「たこ梅」のたこ、法善寺境内「正弁丹吾亭」の関東煮、

千日前常盤座横「寿司捨」の鉄火巻と鯛の皮の酢味噌、

その向い「だるまや」のかやく飯と粕じるなどで、いずれも銭のかからぬいわば下手もの料理ばかりであった…」

-

このように、ふつうの人の目の高さでみた、大阪のふつうの店が書かれているわけです。たいていの店は、今も営業しています。

-

「寿司捨」とは「すし捨」のことで、難波の千日前にあった店です。

残念ながら、数年前に閉店してしまいました。

日本で初めて「車エビの踊り」を出した店だといわれていますが、柳吉はそんなものには目もくれず、

鉄火巻きとタイの皮の酢みそ和えを出しています。

う〜ん、やりますねぇ、このB級グルメ好き!

あ、もっとも昭和15年に「車エビの踊り」があったかどうか、知りませんが…。

-

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載