日比野日誌

すしとあの人

バックナンバーはこちら

-

前回に引き続いてのお話です。

前回は森の石松が親分・清水次郎長の代参で四国のこんぴらさんに行った、その帰り道のこと。

千石船の中で客としゃべっているうちに自分のことが話題に出、すっかり気分をよくした石松は、大阪で買った押しずしを振舞って・・・、というお話でした。

この有名なエピソードは、もちろんフィクションです。

「石松三十石船道中記」という浪曲の演目で、作者は稀代の浪曲師、2代目・広沢虎造でした。

-

2代目・広沢虎造。明治32年(1899)、東京生まれ。

根っからの浪曲好きでしたがなぜか東京では受け入れられず、関西の浪曲師に弟子入りします。

徴兵を契機に東京へ戻りますが、同時に、中京節や関東節など数々の節回しを取り入れ、やがて「虎造節」と呼ばれる独特の節回しで、戦前から戦争直後まで、一世を風靡しました。

その人気は絶大で、当時としてはめずらしく、映画にも多く出演したりもしました。

-

さて、話は変わって、あるおすし屋さんの話。

場所は東京、本郷。豊田品次さんという人が「錦鮨」を開業しました。

昭和17年(1942)といいますから、まさに戦争まっさなかです。

そして昭和20年。東京空襲で店は焼けて、休業となりました。

池袋に場所を変え、バラック建てですし屋を復業するのが昭和22年(1947)。

品不足時代のすし屋の苦労譚は・・・、まぁ、本筋に関係ありませんから、今はやめておきましょう。

-

その頃、豊田さんは使用人も雇っておりまして、小林重信さんもそのひとりでした。

この人、浪曲が大好きでありました。中でも広沢虎造の大ファン。

広沢虎造といえば「江戸っ子だってねぇ、すし食いねぇ」の「石松三十石船道中記」。

「じゃぁ、うちのすし屋に森の石松を祀る神社を作っちまおうじゃねぇか!」

こういうわけで、すし屋の中に「石松神社」を作ってしまいました。昭和25?26年のころでした。

愛すべき森の石松の生みの親、2代目・広沢虎造は、当時の売れっ子。

しかし豊田さんの店には、よく訪れたといいます。

-

ですが、この豊田さん。昭和48年(1973)、第一線を退かれ、「錦鮨」もたたんでしまいました。

ご本人は高齢化にほど遠く、元気かくしゃくとしておられましたが、石松神社の跡形も、一緒についえさせたといいます。

-

月別に記事を読む
Events Calendar
January 2014
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
交通アクセス
駐車場サービス
営業時間※一部店舗により異なります
ショップ10:00 〜 20:00
レストラン11:00 〜 21:00

年中無休各店舗営業時間の詳細はコチラ

ドリームプラザコールセンター

054-354-3360(10:00 〜 21:00)

お得なサービス 平日限定シネマまる得サービス 清水エスパルス後援会会員サービス 朝日テレビカルチャー会員サービス
無料サービス

来るたびにポイントがたまる!!

ドリプラタッチャン ドリプラタッチャン QRコード
パートナー募集 契約農家さん募集
エスパルスドリームプラザのモバイルサイト エスパルスドリームプラザ モバイルサイト QRコード

ケータイサイトもお得な情報が満載